食育活動

小学生に向け、五感をつかって味を知り、食の感性を磨く食育活動を行っています。
「何を食べるべきか」を考えさせるのではなく、身体によいものを美味しく楽しんで 食べるための体験学習です。

主催:「味覚の一週間」実行委員会
農林水産省/文部科学省/在日フランス大使館
>「味覚の一週間公式サイト」へ

食育活動
マカロンボタン  味の基本について知る
マカロンボタン  食べる楽しみを知る
マカロンボタン  作る楽しみを体験
味の基本について知る

匂いを嗅いだり、食感を確かめたたり、
実際に味わいながら、味について子どもたちの
理解と関心を促します。

食べる楽しみを知る

持参した手づくりのお菓子をクラスメイトと
一緒に味わいながら感想を述べて、
食べる楽しみを広げる表現力を養います。

作る楽しみを体験

実際にお菓子作りを体験し、
食べるだけでなく作る楽しさも実感してもらいます。
食べ物ができるまでの工程もみることができます。

味覚の授業

実際に、「しょっぱい」塩を舐めたり
「すっぱい」酢を飲んだりして
基本となる味を再確認します。

味覚の授業

作って持ってきたお菓子を食べてもらい
味や香り、食感や見た目など
五感で味わいながら食べてもらいます。

味覚の授業

昨年はモンブランを作ってもらいました。
栗のペーストやクリーム、バターなどを混ぜて
みんなでデコレーション。

[経歴]
2013年   美作市立英田小学校・美作市立東粟倉小学校(岡山県)
2014年   美作市立東粟倉小学校4・5年生(岡山県)
2015年   美作市立東粟倉小学校4・5・6年生(岡山県)    マカロンボタン レポートはこちら「岡山の小学校で「味覚の授業」
「味覚の授業」版画

東粟倉小学校4年生作品

「味覚の授業」版画

東粟倉小学校4年生作品

「味覚の授業」版画

東粟倉小学校6年生作品

「味覚の授業」版画

東粟倉小学校6年生作品

子どもたちから、毎年「味覚の授業」の思い出を木版画に描いて送ってきてくれます。
印象に残る体験をしてもらえて嬉しいです。
創造力や表現力、感性豊かな子どもたちに育ってほしいと思います。